オリゴマー

比較的少数のモノマーが結合した重合体を指す。

モノマーの数に応じて、ダイマー(dimer:二量体)、トライマー(trimer:三量体)、テトラマー(tetramer:四量体)、...などと呼ぶこともある。
光硬化性樹脂で、モノマー(基本構造分子)の繰り返し数が 2〜20程度の重合体であり、プレポリマーとも呼ばれます。
オリゴマーは二重結合と呼ばれる反応基を末端に 2〜6個持っており、粘度的には低粘度液状から半固体状まで幅広く存在する。
代表的な種類としてポリエステルアクリレート、エポキシアクリレート、ウレタンアクリレートなどがある。