界面破壊

非接着剤と接着剤の界面の破壊をいう。

接着剤を用いて形成した接着の破壊には、接着剤と被着体の界面破壊と、接着剤層内で破壊が起こる凝集破壊が存在する。

また、接着が強くて被着体自身が破壊する場合は被着体の凝集破壊だが、材料破壊と呼ばれることもある。